お知らせ

賃貸住宅管理業業務管理者講習の受付を開始しました。

なお、緊急事態宣言が発令されている間、講習事務局の運営時間を10時30分~16時とさせていただきます。

賃貸住宅管理業 業務管理者とは

良好な居住環境を備えた賃貸住宅の安定的な確保を図るため、サブリース業者と所有者との間の賃貸借契約の適正化のための措置を講ずるとともに、賃貸住宅管理業を営む者に係る登録制度を設け、その業務の適正な運営を確保するため「賃貸住宅の管理業務等の適正化に関する法律」(略称「賃貸住宅管理業法」)が、令和2年6月12日可決成立しました。
賃貸住宅管理業法では、一定の戸数以上を管理する賃貸住宅管理業者は,管理業務を行うためには国土交通大臣の登録を受ける必要があり、その営業所又は事務所等ごとに、1名以上の「業務管理者」の設置が義務付けられ、「業務管理者」には、幅広い専門知識と能力、経験、倫理観を兼ね備えた専門家としての役割が期待されています。

賃貸住宅管理業 業務管理者講習(宅建士向け)とは

お申し込みについて

よくある質問